裏コードって何?その使い方と実際の使用例をまとめてみた「音声あり」

ここでは裏コードに関して解説しています。

裏コードとは

裏コードは、ドミナントセブンスの代理として使えるコードです。使い方や割り出し方はこれから説明します。

実際曲の中で使われている例は少ないのですが、知識として知っておく分には良いでしょう。

特に、裏ワザ、裏ルートなど「ウラ」という言葉自体に妙な魅力を感じてしまう厨二病の皆さん(すみません私です)の知識欲を満たすのにはうってつけです。(笑)

裏コードの使い方

裏コードは、本来のドミナント同様にトライトーンを含んでいるため、ある程度の緊張感がありドミナントの代理をすることができます。

しかし、Ⅰに対してルートの五度の動きがないため、本来のドミナントよりも解決感はありません。

ですので、裏コードが出てくる場合、ベースラインを整えるなど別の理由があることが多いです。

実際の使用例は後で紹介します。

裏コードの探し方

裏コードの探し方は、

置き換えるドミナントコードに対してⅠの半音上をルートに持つドミナントセブンス

と覚えてください。

すこしわかりにくいかもしれませんが、仮にG7を裏コードに置き換えたければ、G7に対してⅠに当たるCの半音上をルートに持つドミナントセブンスですので、C#7(=D♭7)だと分かります。

G7→Cの代わりにC#7→Cという進行が使えるというわけです。

それでは実際の使用例を見てみましょう。

実際の使用例

ドミナントの代理1

まずは普通にドミナントセブンスの代理をさせてみましょう。

  • Am→Dm→C#7→C

本来ツーファイブワン(Dm→G7→C)になるところを、裏コードに置き換えてみました。

ちなみに、五度進行のドミナントを裏コードに置き換えると、必ずⅠに対して半音上から解決するドミナントセブンスになります。半音上から解決しているということはサブスティチュートドミナントじゃないの?と感じるかもしれませんが全くその通りです。

ギン

裏コードは英語でサブスティチュート(代理の)ドミナントです

そのため、五度進行をするドミナントの裏コードは、サブスティチュートドミナントになると覚えておいてください。

実際裏コードの使用法としてはこれが一番多いような気がします。

ドミナントの代理2

五度進行しないドミナントの代理をさせてみましょう。

  • CM7→C#7→Dm7→Em7

G7の代理ですが、Dm7に進行しています。

解決感はあまりありませんが、ルートのC→C#→D→Eという動きが良いアクセントになっています。

セカンダリードミナントの代理1

セカンダリードミナントで使われているドミナントコードも同じく裏コードが使えます。

  • CM7→D#7→Dm7→G7

本来はA7が入るところを、裏コードのD#7に置き換えています。

セカンダリードミナントでも五度進行であることには変わりありませんので、裏コードにするとサブスティチュートドミナント(半音上から解決するドミナント)になります。

セカンダリードミナントの代理2

  • Am7→G#7→G7→CM7

逆に、何を置き換えてG#7になっているかわかりますか?

、、、、、。

正解は、、、。

ギン

越後製菓っっっ!!

Dmですよね?

五度下の半音上がG#ですので半音下の五度上を探せばいいワケですね。

まとめ

まとめましょう。

  • 裏コードはドミナントセブンスの代理として使える
  • 探し方は、置き換えるドミナントコードに対してⅠの半音上をルートに持つドミナントセブンス

これだけ覚えておけば完璧でしょう!