セカンダリードミナントとは?理論から使い方まで初心者向け解説

セカンダリードミナントについてやさしめに解説します。

セカンダリードミナントとは

セカンダリードミナントとは、

仮のトニックに対してドミナントモーションをつくるドミナントコード、またはその技法のことです。

ただこの説明だと非常に不親切ですので、もう少しわかりやすく説明します。

セカンダリードミナントの考え方

例えば、メジャースケールのダイアトニックコードでは、ドミナントコードからトニックコード(G7→C)の進行が最も解決感があるとされていますが、これはG7の音自体がCととても結びつきが強い音で響きが安定しているCに戻りたくなる音だからです。

セカンダリードミナントは、このCとG7のような関係を、C以外でもやってみようじゃないかという発想をしています。

Cに落ち着けるG7があるのなら、Dに落ち着ける何らかのコードもあるはずですし、Eに落ち着ける何らかのコードもあるはずです。

冒頭で述べた、「仮のトニックに対してドミナントモーションをつくる」というのは、この場合のDやEを仮のトニック(本来はCだが)とみたててドミナントモーションをつくっているという説明です。

ドミナントコードについて

セカンダリードミナントでは、〇7といったような基準音の後に数字の7が来るコードを使います。

これはドミナントコードと言って、とても緊張感のある響きがします。

ドミナントコードに含まれる音程間隔にはトライトーンと呼ばれる音程が含まれており、これがとても緊張感のある音だからです。

緊張感が生まれる理由はこれ以外にもありますが、ここで重要なのは「セカンダリードミナントではなぜドミナントコードが使われているのか」ですので、細かい説明は省こうと思います。(気になる人は以下の記事をどうぞ)

トニック・ドミナント・サブドミナント:コードの機能とその見分け方トニック・ドミナント・サブドミナント:コードの機能とその見分け方

理由は先にも述べた通り、緊張感のあるコードなので、次のコードで解決した際に解決感が生まれやすいからです。

逆に解決先のコードはドミナントコードではなくほとんどの場合は安定した響きのメジャートライアド(三和音)やマイナートライアドが来ることが多いです。

セカンダリードミナントの作り方

ダイアトニックコードに対してドミナントモーションをつくれるドミナントコードとはいっても、どうやって調べたらいいのか分からないと思います。

要は、仮のトニックの五度上をルートに持つドミナントコードを、仮のトニックの直前に置いてあげればいいのですが...。

ギン

そう説明されても...。(言わされた感)

と感じてしまっても無理はないでしょう。汗

なのでここでは簡単に探す裏ワザを紹介します。

簡単に探す裏ワザ

五度圏の図を覚えておくと一瞬で探せるようになるのでおすすめです。

五度圏

五度下への進行をドミナント進行と言いますが、五度圏の図は左回りで音を拾うとドミナント進行になります。

つまり、Dmに対してドミナントモーションをつくりたければA7(←Dのひとつ前はAだから)を前に置けばいいですし、Emに対してのセカンダリードミナントはB7(←Eのひとつ前はBだから)ということになります。

ギン

あとドミナントセブンス→(〇7)にするのを忘れずに。

分からなくなったら五度圏の図を参考にして考えるといいでしょう。

注意点

このように、ダイアトニックコードひとつひとつに対してセカンダリードミナントを探すことができるのですが、注意点もあります。

それは、仮のトニックに対して割り当てたドミナントコードのルートが調性外の音高(ダイアトニックではないということ)の場合、さすがに耐えられない響きに感じてしまう事があるということです。

絶対に使えないわけではないですので、実際に使ってみて判断するしかありません。

そこだけ注意点です。

セカンダリードミナントの使い方

セカンダリードミナントは曲中の様々な場面で使うことができます。

一例を取り上げます。

転調

セカンダリードミナントを使ったからといって必ずしも転調になるわけではありません。

ダイアトニックコード内の本来のトニックではないコードを仮のトニックと見立てて進行するわけですから、使い方によっては仮のトニックをそのままトニックとして扱い、転調することができます。

いきなりダイアトニックコードではないドミナントコードが登場することになるので、いかにも転調しますよと言わんばかりの進行になることが多いですが、その分仮のトニックの調性感が強調されますから面白いです。

コード進行のバリエーション

この使われ方が非常に多いような気がします。

ちなみにセカンダリードミナントは、ルートの動きが強進行です。一定の解決感と進行感を感じることができるためコード進行のバリエーションとしては非常によく使われます。

ちなみに強進行についてはこの記事が参考になると思います。

定番のコード進行を原理から解説:ドミナント進行とサブドミナント進行とは定番のコード進行を原理から解説:ドミナント進行とサブドミナント進行とは

エクステンデッド・ドミナント

セカンダリードミナントを解決させずに連続して使うこともできます。

この場合、エクステンデッド・ドミナントやダブルドミナントなどさまざまな呼び名で呼ばれますが、原理はセカンダリードミナントと全く変わりません。

要はセカンダリードミナントで落ち着いていたコード(仮のトニック)がドミナントコードになり、また次の仮のトニックへと進行していくためドミナントが連続(エクステンデッド)しているだけです。

全く難しくありません。

まとめ

まとめましょう。

  • セカンダリードミナントとは、仮のトニックに対してドミナントモーションをつくるドミナントコード、またはその技法のこと
  • 五度圏の図で、仮のトニックの右隣りをドミナントコードにすれば簡単に探せる

これだけでも覚えておくと役立つでしょう。