セカンダリードミナントはここで使え!実際の使用例を音声アリでを紹介する

セカンダリードミナントの効果的な使い方を紹介します。

セカンダリードミナントとは?

セカンダリードミナントとは、ノンダイアトニックコードのドミナントセブンス(◯7)を使うテクニックです。

本来CメジャーキーならG7のみが使えますが、それ以外のドミナントセブンスも使えるようになります。

詳しくはこの記事で紹介していますので参考にしてください。

セカンダリードミナントとは?理論から使い方まで初心者向け解説セカンダリードミナントとは?理論から使い方まで初心者向け解説

セカンダリードミナントの使い方

とりあえず、使いたいところに「次にくるコードの五度上のドミナントセブンス」を入れ込んであげればいいのですが、いちいち探すのが面倒ですのでこの表を使いましょう。

五度圏

左回りが五度下への進行(ドミナント進行)になりますから、右隣りのドミナントセブンスを入れ込んであげればいいということです。

例えば、Fに対してセカンダリードミナントを使いたければ、右隣りにあるC7を入れ込んであげればいいという訳です。

Cメジャースケールでのセカンダリードミナント

Cメジャースケールだと以下のドミナントが使用可能になります。

  • G7→C (セカンダリードミナントではない)
  • A7→Dm
  • B7→Em
  • C7→F
  • D7→G
  • E7→Am
  • F7→ Bm-5(使えない)

Bm-5へのセカンダリードミナントが認められていないのは、Bm-5自体が不安定なコードで、ドミナントセブンスからの進行感が感じられないためです。

  • F→F7→Bm-5→Am

F7→Bm-5のところがイマイチでしょ?

実際の使用例

使用例1

コード進行の中でがっつり使うパターンです。

セカンダリードミナントには調性外の音が含まれますので、聴き手に「おやっ?」と思わせる事ができます。

まずはセカンダリードミナントのお手本とも言うべきこの進行から。

  • FM7→E7→Am7→C7

椎名林檎さんの楽曲で使われているため「丸の内サディスティック」進行と呼ばれていますが、このE7→Am7はセカンダリードミナントです。

カッコイイですよね。

今度はDmに対してのセカンダリードミナントです。

  • CM7→A7/C#→Dm7→G7

ルート音が飛び飛びになるとカッコ悪いですので、A7/C#にしていますが、単純にA7→Dmのセカンダリードミナントと考えて問題ありません。

もういっちょ。

  • Am7→D7/F#→G7→C

ここでもD7の持つ調性外の音F#をベース音にして繋いでみました。よりD7らしさが強調されたと思います。

このようにセカンダリードミナントを上手く取り入れている進行は他にもたくさんあります。

使用例2

今度は流れの中で部分的に入れ込んで使う方法です。

ツッコンダリードミナントとか言ったりします。※言いません。

まずはこの進行から。

  • C→[Bm7-5→E7]→Am7→F

Bm7-5→Am7の間に入れ込んで使用しています。

いいアクセントになっていますよね?

次はコレ。

  • F→G→[B7E7]→Am

今度はセカンダリードミナントが連続して使われています。B7→E7もセカンダリードミナントですし、E7→Amの所もそうです。

このように連続して使う場合も多く、エクステンデッドドミナントとも言われたりします。

転調で使う

セカンダリードミナントは転調で使用されることも多いです。

進行感が強いので、聴き手に違和感を与えずに上手く転調できるからです。

  • C→G7→Am7→A7→D→Bm7→Em7→A7

初めはCメジャーキーですが、A7→Dの所でセカンダリードミナントを活用してDメジャーキーに転調しています。

違和感なく転調ができているのが分かると思います。

まとめ

まとめましょう。

  • セカンダリードミナントとは、ノンダイアトニックコードのドミナントセブンス(◯7)を使うテクニック
  • 使いたいところに「次にくるコードの五度上のドミナントセブンス」を入れ込んであげればいい
  • コードの間に入れ込んで使用したり、転調で使うこともできる

これだけ覚えておけば完璧です!