メジャースケール、マイナースケールとは?音階の仕組みとその使い方

音階についての知識を分かりやすく解説します。

音階とは

端的に説明すると、音階とはある決められた音程間隔で音を順番にならべたもののことです。
※音程について理解できていないと厳しいと思いますので、不安な人は「音楽理論の超基本:音程の仕組みと度数の数え方」この記事に目を通しておくといいと思います。

これから更に詳しく解説します。

ギン

音階とスケールは同じ意味で使われます。覚えておいてください。

音階の仕組み

メジャースケールの音階は、ドレミファソラシドですが、この音程間隔は「全全半全全全半」という並びをしています。

鍵盤上で見ると良く分かります。

Cメジャースケール

    C

    D

    E

    F

    G

    A

    B

    C

     

     

※全音は間に鍵盤が1つ、半音は隣の鍵盤です。

実はこの並びこそが重要で、この並び方をしているものをメジャースケール(長音階)と呼んでいます。

音階は、「ある決められた音程間隔で音を順番にならべたもの」と説明した通り、この音程間隔に基づいて音が並べられていれば、全てメジャースケールです。

そのため、基準音をEに変えたとしても、先程の「全全半全全全半」の順番で音を並べるとメジャースケールになります。

Eメジャースケール

     

     

    E

    F

  • F#
    G

  • G#
    A

    B

    C

  • C#
    D

  • D#
    E

絶対音感がなければ、「ドレミファソラシド~」に聞こえると思います。

先程と使っている音自体は違いますが、音の並び(音階)さえ同じであれば同じ雰囲気の音がなりますし、一般の人には聞き分けることすらできません。

つまり私たちが音楽を聴いて、明るい、切ない、暗いなどを判断するとき、実際には音そのものではなく音階に基づいて判断しているということです。

ギン

サイト主は、「ピアノの白鍵が明るい音で黒鍵が暗い音だと勝手に思い込んでいた」っていってましたよね?

そうです。汗

実際には黒鍵ばっかりの曲でも、メジャースケールであれば明るくなりますし、白鍵ばっかりでもマイナースケールだと暗い雰囲気になります。

これが音階の仕組みです。面白いですよね。

音階は必ずしも7音か?
必ずしもそうとは限りません。例えば、ペンタトニックスケール(5音)やオクタトニックスケール(8音)は7音構成ではありません。しかしながら、構成音が少なすぎると使う音がかなり制限されてしまいますし、多すぎるとスケール特有の「らしさ」が消えてしまいます。やはり、使いやすく、そのスケールの個性を感じるには7音辺りが最適なようです。

スケールの使い方

音階は曲の雰囲気を左右しますから、作曲をするうえでは非常に重要な要素になります。

明るい曲を作りたければ、メジャースケールに含まれる音をメロディで使用することで、自ずと明るい雰囲気になることが多いです。逆にマイナースケールを使うと暗い雰囲気の音楽になります。

また、明るい/暗いだけでなく、アジア風、民謡風、ブルース風など、音楽のジャンルによって好まれるスケールもあります。逆にいうと、そのスケールを上手く使うことで、それらのジャンルに寄せた音楽をつくることもできます。

いずれにしても、曲の雰囲気は音階が左右しますから、作りたい音楽の雰囲気を表現するために音階(スケール)の知識が使われます。

音階とキーの違い

ここで音階とキーの違いをはっきりとさせておきましょう。

音階は音の並び方のことで、曲の雰囲気に影響する、ということはこれまで説明してきた通りですが、メジャーとかマイナーといった呼び方はキーを表す時にも使われます。

「この曲のキーはCメジャースケールで….」などと説明されていると、キーって音階のことなの?と疑問に思う人も多いようです。

はっきり区別できるようにしましょう。

実は、音楽の世界でキー(Key)とは「その音楽が基づいているもの」という広い意味で使われています。

現代音楽は、調性音楽である(何らかの基準音がありそれに基づいて音楽を組み立てている)ことを前提にしているため、どれが基準音でどのスケールに基づいているのかを表す必要が出てきます。

そこで、「Key of C Major(Cメジャーキー)」など、スケールを表す場合にもキーという言葉が使用されます。

いずれにしても、キーは「その音楽が基づいているもの」という意味ですから、その曲のスケールを尋ねる場合も「この曲のキーは?」となるわけですね。

微妙な意味の違いも区別しておきましょう。

カラオケのキー
カラオケで高い声が出ない時などにキーを下げて再生することがあります。あれは音階自体は変えずに、音階の基準音のみを下げる作業です。曲の雰囲気は音階によって決まりますから、キーを下げたとたんに曲の雰囲気が変わってしまうようなことはありません。

よく使われる音階

音階には様々な種類がありますから、全て覚えるとなると大変です。

しかしながら、よく使われるスケールというのはある程度決まっていますので、闇雲に覚える必要はありません。

ここでは、メジャースケールとマイナースケールを取り上げます。

メジャースケールとは

冒頭でも紹介しましたが、メジャースケールは「全全半全全全半」の音程間隔で並べられたスケールです。

Cメジャースケール

    C

    D

    E

    F

    G

    A

    B

    C

     

     

もとよりメジャースケールは数あるスケールの中で最も美しく響くスケールです。

多くの人が使うから定着したというより、人間の体の仕組み上、最も美しく協和すると感じる音を抜き出したのがメジャースケールなのです。

よく使われるのにはそれなりの理由がありますが、メジャースケールの場合は偶然ではなく必然だったといえそうです。

特別扱いのメジャースケール
例えば、ピアノの鍵盤はCメジャースケールを基準に並べられています。そのため、Cメジャースケールは鍵盤上で綺麗に白鍵に出そろいます。その結果、ピアノの即興演奏を記録するために作られた五線譜もCメジャースケールを基準に線が引かれました。

マイナースケールとは

マイナースケールは、「全半全全半全全」の音程間隔で並べられたスケールです。

Cマイナースケール

    C

    D

  • E –
    E

    F

    G

  • A –
    A

  • B –
    B

    C

     

     

ちなみに、Aマイナースケールは綺麗に白鍵に並びます。

Aマイナースケール

    F

    G

    A

    B

    C

    D

    E

    F

    G

    A

いずれにしても、基準音のAから、「全半全全半全全」の順番に並んでいることを確認してください。

よくメジャースケールの対比として名前が上がりますが、マイナースケールのみを使用した曲というのはあまり多くありません。

厳密にマイナースケールのみを使用した音楽は、民謡のような雰囲気が強く、現代音楽にはあまりマッチしません。

ギン

間接的に民謡をディスりましたね。

しかしながら、メジャースケールにマイナースケールを要素として取り入れることは多々ありますから覚えておいて損はないでしょう。

白鍵のみで音楽をつくると?
Cメジャーは白鍵のみでしたが、Aマイナーも白鍵のみです。白鍵のみで音楽をつくると、メジャースケールになるのかマイナースケールになるのか疑問に思うかもしれませんが、この場合、CかAのどちらの音を落ち着ける音(基準音)として使うかによってどちらのスケールが強調されるかが決まります。

音階の種類一覧

主要なスケールとよく使われる派生スケールの一覧です。

主要なスケール

Cイオニアン(Cメジャースケール)

Cドリアン

Cフリジアン

Cリディアン

Cミクソリディアン

Cエオリアン(Cマイナースケール)

Cロクリアン

有名な派生スケール

Cハーモニックマイナー(エオリアン派生)

Cメロディックマイナー(エオリアン派生)

まとめ

まとめましょう。

  • 音階とは、「ある決められた音程間隔で音を順番にならべたもの」のこと
  • 各スケールは特有の「雰囲気」を持っており、それを決定するのはそのスケールの音程間隔
  • スケールという制限の中で音を動かすことで音楽に個性を出すことができる
  • よく使われるメジャースケールは「全全半全全全半」、マイナースケールは「全半全全半全全」

以上の知識を押さえておくだけでも非常に役立つはずです。