「音声あり」めちゃくちゃエモいコード進行を全12パターンまとめてみた

最近は、YouTubeでも音楽サイトでも「エモい曲」が注目されるようになってきましたね。

ロックにもポップスにもない、どこか感傷的でエモーショナルな響きが癖になる、そんな魅力があるんだと思います。

中には、曲の雰囲気は好きなんだけどコード進行が分からない。という人や、そういう雰囲気の曲作りたいけどコード進行がわからない。という人も多いかもしれません。それで今回はエモさ重視のコード進行を12パターン取り上げたいと思います。

エモい曲作りたい!コード進行が知りたい!という人には参考になると思います。それでは~

※紹介しているコード進行は全てキーCです。

めちゃくちゃエモいコード進行:全12パターン

1734進行

  • CM7→B7→Em7→FM7

浮遊感があり都会的な響きもあるコード進行です。

CM7→B7→Em7とくるとG7に進みたくなりますが、力強いコード進行を入れるとロックぽくなってしまいます。そのためこの進行ではFM7に進行させています。

Vaundyの「東京フラッシュ」のイントロはキーが違いますがこのコード進行です。(DM7→C#7→F#m7→GM7)

1765進行

  • Cm7→B♭add9→A♭M7→G7

マイナー系のコード進行ですが、マイナーコードがほとんど含まれていないためそこまで陰険な雰囲気にはなりません。程よいエモさがカッコイイコード進行です。

個人的にマイナーセブン始まりがかっこよくて好きなのですが、、、、、皆さんどうですか?(笑)

4361進行(丸サ)

  • FM7→E7→Am7→CM7

都会的な雰囲気もあり、エモーショナルな雰囲気もある特徴的なコード進行です。

「丸の内サディスティック進行」や「Just the to of us進行」と呼ばれることもあります。E♭キーで見かけることが多く、その場合は(A♭→G7→Cm7→E♭)になります。

1354進行

  • Cm7→E♭M7→Gm7→F

ドミナントコードが含まれていない「おとなしめ」のコード進行なので、ロック風な響きを避けてまったりした雰囲気を出したい場合などおすすめです。

マイナー系のコード進行の場合Cm→E♭の出だしが私は好きです。どこか感傷的な雰囲気もありますよね~

1364進行

  • C→E7→Am7→Fm

メジャー系なのですが最後のFmだけマイナースケールから借りてきています。

1音違うだけなのですが切ない雰囲気が強まります。

1567進行

  • Cm→G7→A♭M7→B♭add9

マイナー系のコード進行ですが、2番目のG7のみメジャースケールからの拝借です。

マイナースケールの物悲しい雰囲気もありつつメジャー系の良さも取り入れた面白いコード進行です。

1235進行

  • CM7→D7→Em7→G7

上昇系のコード進行です。ドミナントセブンスが2つも含まれているため、ロックっぽい雰囲気にならないように注意が必要です。

Bメロやブリッジで使うというのもひとつの手かもしれません。

6415進行

  • Am7→FM7→CM7→G7

6(Am)始まりのコード進行も紹介します。1(C)始まりと違ってマイナーコードから始まるので、エモい雰囲気をつくりやすいと思います。

6415は6始まりの中では代表的なコード進行で様々なジャンルの曲でも使われていますが、セブンスコードにするとお洒落で切ない響きになってくれます。

6541進行

  • Am7→G7→FM7→Cadd9

6始まりからドミナントセブンスのG7に進行するパターンで、654と次第に降りてくるのが気持ちいコード進行です。

割とよく見かける気がします。

6713進行

  • A♭M7→B♭→Cm7→E♭M7

先程と同じく6始まりですがマイナー系なのでA♭から始まります。

マイナー系ですが、マイナーコード自体は少なくCm7しか含まれていないため、メジャーコードのクールな響きの方が目立っています。

6145進行

  • Am7→CM7→FM7→G7

落ち着いた響きとエモさを併せ持った面白いコード進行です。

G7からCに循環するとロックぽさが出てしまいますが、このコード進行のようにAm7に戻れば問題ありません。

4561進行

  • FM7→G7→Am7→CM7

FM7始まりもカッコいいのでおすすめです。

全半が上昇進行で最後落ち着くところなどは、前述の6713進行と似ていますが、4始まりなので少し印象が違ってい聴こえます。

まとめ

エモさ重視でおすすめのコード進行をまとめてみました。

手っ取り早くエモいコード進行が知りたい!という人は、紹介したものの中から一つ選んでそのまま使ってみるのもアリだと思います。

作曲なり演奏なりに使ってください。