おしゃれなコード進行まとめ:全17パターンを紹介していく「音声あり」

おしゃれな曲を作ってみたいけど、何から手を付けていいのか分からない、、、、という人は多いかもしれません。

音楽の知識がまだあまりないと、ゼロからおしゃれな曲を作るのは至難の業のように感じてしまうでしょう。

それに、、、、。

おしゃれとは無縁の生活をされている皆さんには特にそうでしょう。(すみません私です、汗)

ギン

紹介文くらい真面目に書きなさい。

とにかく、汗

まずはコード進行を準備してそれをもとに作曲してみるのはどうでしょうか?この記事ではセブンスコードメインのおしゃれなコード進行をたくさん紹介していきますのでお気に入りを見つけてみて下さい。

※紹介するコード進行は全てキーCです。

おしゃれなコード進行

メジャー系

1235進行

  • CM7→D7→Em7→G7

D7の響きがクールなコード進行です。典型的なパターンのコード進行ですがセブンスコードで作るとオシャレに聴こえます。

1364進行

  • CM7→Em7→Am7→FM7

Fから先頭に戻ってくるパターンです。Fをマイナーセブンスにして使うのもアリです。こんな感じで。↓

  • CM7→Em7→Am7→Fm7

かっこいいですよね。

4561進行

  • FM7→G7→Am7→CM7

FM7のクールな響きから始まる進行です。大きな盛り上がりはありませんが、全体的に進行感があってかっこいいコード進行だと思います。

4356進行

  • FM7→Em7→G7→Am7

G7からAmを経由して先頭のFM7に戻っています。G7→CM7→FM7という定番の動きをあえて避けている所がポイントです。

4361進行

  • FM7→E7→Am7→CM7

E7の響きがおしゃれで良いアクセントになっていています。Am7に対してのセカンダリードミナントですね。

セカンダリードミナントとは?理論から使い方まで初心者向け解説セカンダリードミナントとは?理論から使い方まで初心者向け解説

6415進行

  • Am7→FM7→CM7→G7

マイナーセブンス(〇m7)始まりのコード進行は感傷的に聴こえます。特にこのコード進行はそうですね。

6145進行

  • Am7→CM7→FM7→G7

ひとつ前に紹介したコード進行と使っているコードは同じですが順番が違います。真ん中の2つが入れ替わっただけですが先程とはまた違った雰囲気で良くないですか?

6651進行

  • Am7→A♭M7→G7→Cadd9

A♭が出てきていますがメジャー系のコード進行です。このA♭M7はAm7からG7に下りてくるための橋渡しの役割になっています。じわじわ降りてくる感じがかっこいいですよね。

3625進行

  • Em7→Am7→Dm7→G7

Emから始まり全てドミナント進行で動いています。そのため、ロックっぽい雰囲気にならないよう注意が必要です。

ただ、この進行の場合はマイナーセブンスが多めですし、セブンスコード自体オシャレな響きがありますので問題ないでしょう。

定番のコード進行を原理から解説:ドミナント進行とサブドミナント進行とは定番のコード進行を原理から解説:ドミナント進行とサブドミナント進行とは

2516進行

  • Dm7→G7→CM7→Am7

全半がお馴染みのツーファイブワンになっています。セブンスコードを使うとジャズっぽくておしゃれです。

1735進行

  • CM7→Bm7→Em7→G7add9

見かける頻度は少ないですがアドナインス(add9)を使ったコード進行も紹介します。

ギン

使うこともあんまりナインスなんちゃって、、、。

、、、、はい。汗

アドナインスを使うことで、ちょっとだけ和音が重厚になった感じがしませんか?適当なところで使えばいいアクセントになってくれます。

1645進行

  • CM7→Am7→Fm7→G7

よくあるコード進行ですが、Fがマイナーセブンスになっている所がポイントです。このFのことをサブドミナントマイナーと言いいます。

オシャレなコード進行はマイナーセブンスの使い方が上手いと個人的には思っているのですが、このコード進行は特にそうです。

マイナー系

1567進行

  • Cm7→Gm7→A♭M7→B♭add9

ここからはマイナー系のおしゃれなコード進行も紹介していきます。

Cm→Gmと進み、マイナースケールを順次進行で上がりながらまたCmに帰ってくるコード進行です。マイナー感が前面に出ていていいと思います。

1354進行

  • Cm7→E♭M7→G7→F

これはマイナースケールとメジャースケールをミックスした感じでしょうか。

両者の「いいとこどり」をしたコード進行ともいえると思います。

1367進行

  • Cm7→E♭M7→A♭M7→B♭M7

マイナースケールに含まれているメジャーコード(〇M7)を上手く使っているコード進行です。

クールな印象がありおしゃれな雰囲気もありますよね。

6713進行

  • A♭M7→B♭M7→Cm7→E♭M7

先程同様マイナースケールのメジャーコードを多用したコード進行です。

マイナースケールをがっつり使うと、おしゃれというより童謡っぽさが強くなってしまうのも事実です。このように使えるコードを限定して組み合わせると上手くはまる場合が多いです。

まとめ

全部で17パターン紹介しました。実際の曲中でも使われているものばかりですので自信をもって使ってみて下さい。

このほかにもコード進行をまとめた記事を書いていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。