ネガティブハーモニーの使い方:実際の使用例を音声アリで紹介します

ネガティブハーモニーとは

ネガティブハーモニーとは、コード構成音を同じくらいの安定感をもつ別の音にすべて入れ替えるテクニックのことです。

メジャーコードをマイナー化するテクニックとも説明されますが、どちらかというとモーダルインターチェンジの方がそれに近い気がします。

詳しい解説はこの記事でしていますので、気になる方は是非。

めちゃくちゃなのになぜ響く?ネガティブハーモニーについて優しく解説めちゃくちゃなのになぜ響く?ネガティブハーモニーについて優しく解説

ネガティブハーモニーの使い方

コード構成音の全てを入れ替えて使います。

例えばCキーの場合、コード構成音を以下の表に従って入れ替えることができます。

ネガティブハーモニー

そうすると、Cメジャースケールのダイアトニックコードは以下のように置き換わります。

三和音

  1. C→Cm
  2. Dm→B♭
  3. Em→A♭
  4. F→Gm
  5. G→Fm
  6. Am→E♭
  7. Bm-5→Dm-5

四和音

  1. CM7→A♭M7
  2. Dm7→Gm7
  3. Em7→Fm7
  4. FM7→E♭M7
  5. G7→Dm7-5
  6. Am7→Cm7
  7. Bm7-5→B♭7

どちらもナチュラルマイナースケールのいずれかのダイアトニックコードと置き換わっているのが分かると思います。

これらをコード進行の中でいわゆる代理コードのように置き換えてあげればいいのですが、調性感がしっかりしているコード進行の中で使わないと音が外れた印象がしてしまうはずです。

それでは論より証拠!実際の使用例を見てみましょう。

使用例1

まずは、本来G7が来るところをネガティヴハーモニーのDm7-5に置き換えてみましょう。

  • C→Dm→Dm7-5→C

ルートがDのままになり、面白い効果を生んでくれていると思います。

使用例2

もうひとつ、本来G7が来るところをDm7-5に置き換えたパターンを見てみましょう。

  • FM7→Dm7-5→Em7→Am7

ネガティブハーモニーでは、同じくらいの安定感のある音と入れ替えているとはいえど調性外の音も含みますので、コードとしては安定感を失います。(そこが良くもあるのですが)

ですので元々緊張感のあるドミナントセブンスなどと置き換えてあげると上手くいく可能性が高いです。

使用例3

今度は本来Am7が来るところを、ネガティブハーモニーのCm7に入れ替えてみます。

  • C→Fm→Cm7→Fm

CメジャーキーではFmではなくFを使うべきなのですが、ネガティブハーモニーの感じに合わせてマイナーコードにしてみました。

余談ですが、Fmを使うテクニックはいわゆるサブドミナントマイナーというものがありますよね?

でも、Em7をネガティブハーモニー化するとFm7になるので、そういう視点で考えてもFmは使えると判断できますし、コードの安定感はEmに近いという事も理解できます。

ただ、ここまで来るとマイナースケールへのモーダルインターチェンジ感が強まりますのでネガティブハーモニーとして説明するのもどうなのかと思いますが、、、。汗

ギン

まあそうネガティヴになるなよ

使用例4

今度はそのFm7とやらを使ってみたいと思います。

  • Am→Fm7→G7→C

本来Em7のところを置き換えてFm7にしているのですが、これだと6451進行の4をサブドミナントマイナーにしただけとも捉えられますね。

こうなると結局ネガティブハーモニーってマイナースケールにモーダルインターチェンジしてるだけじゃないの?と考える人もおられるかもしれません。実際コード進行によってはそう捉えられるケースも多いです。

ただ、マイナーへのモーダルインターチェンジはメジャーコードをマイナー化するテクニックなのに対して、ネガティブハーモニーは同じくらいの安定感を持つ別のコードに入れ替えるテクニックですので、そもそもの考え方が違うというところを覚えておいて下さい。(苦し紛れ)

使用例5

今度はAm7をCm7に置き換えてみたいと思います。

  • C→Cm7→Dm→G7

Amのままだとイチロクニーゴーという定番のコード進行になりますが、ネガティブハーモニーを使う事でありきたりな感じを避けることができています。

ただ、ルート音から違いますのでそもそもの原型すらも変わってしまうのが悲しいところではあります。笑

まとめ

まとめましょう。

  • ネガティブハーモニーはキーによって置き換え方が異なる
  • 代理コードのように置き換えて使う

理論で考えると難しいですが、置き換えるだけなら簡単に出来るはずです。ここぞという時に使ってみてはいかがでしょうか?

新たな発想の一助になればと思います。