和音の転回とは?表記の仕方と使いどころを初心者向け解説

転回について解説します。

転回とは

転回とは、低い方の音をオクターブ上にあげ高くする操作のことをいいます。

英語では、インバージョン(Inversion)といいます。

和音の転回と呼び方

2音間でも、三和音でも、四和音でも、一番低い音(根音)を1オクターブ上げて高くすれば、それは転回ということになります。

各転回系の呼び名は以下の通りです。

  • 転回していない状態を「基本系(ルートポジション・Root Position)」
  • 1度転回した和音を「第一転回系(ファーストインバージョン・1st Inversion)」
  • 2度転回した和音を「第二転回系(セカンドインバージョン・2nd Inversion)」
  • 3度転回した和音を「第三転回系(サードインバージョン・3rd Inversion)」

三和音の転回

まずは三和音の転回から。

三和音は3音しかありませんから、3回目の転回で基本形に戻ることになります。

四和音の転回

続いて四和音です。

ギン

ちなみに、転回してもコードの機能自体は変わりませんが、基本系の方が安定した響きになるといわれています。再生して確かめてみましょう。

音を下げたい場合は?

転回では最低音を一番上にあげますが、逆に一番高い音を下げたい場合はどうでしょうか?

下の例で考えましょう。

この場合は第二転回系ということになります。

高い音を下げていますが、1オクターブ下の基本形から考えるとこれは第二転回系と全く同じ形だということが分かります。

あくまで転回は、低い音をオクターブ上げていることを前提に考えます。この部分で混乱しないようにしておきましょう。

転回コードの表記

実は、コード譜などで転回コードが特別に表記されることはほとんどありません。

なぜなら、転回をしたところでコードの機能が変わってしまう事はありませんし、ほとんどの場合は演奏者が弾きやすいように勝手にコードを転回して使うからです。

しかしながら、参考書や一部の教本などでは、転回しているということを表すために表記が使われることがありますので押さえておいてください。

転回コードの表記は、コードの後ろに「/」をいれ、ベース音を書き込むことで表記します。これは、転回コードの表記というよりも、ベース音(最低音)を表す表記を借りて使っているというような印象です。

同じ表記を使う別の種類のコードもありますが、共通しているのは「スラッシュの右側は必ずベース音を表す」というところです。
※分数コードとの違いは記事の後半で取り上げます。

ギン

ルートは基準音ですが、ベースは最低音のことですよ!

転回の使いどころ

作曲において、転回はスムーズなコード進行をつくるために使用されます。

以下のコード進行を例に考えてみましょう。

ド定番のツーファイブワン進行ですが、音の上下が激しくあまりスマートではありません。

そのため、このように転回してあげるとスムーズにつながります。

さっきよりも滑らかにコード同士がつながっているのが分かると思います。

ピアノで弾く場合も、転回してあげることで手が大きく左右しないで済みます。

よくある間違い

転回とよく混同されがちないくつかの言葉や用法を取り上げます。

しっかりと区別できるようにしておきましょう。

ボイシング、ボイスリーディングとの違い

転回とよく混同されるものとして、ボイシングとボイスリーディングがあります。

ボイシング(Voicing)とは、「コード構成音の配置」のことを指します。展開は構成音が移動するだけですが、ボイシングは音を省略したり、増やしたりする場合にも当てはまります。

一方ボイスリーディング(Voice Leading)は、「コード構成音の動き(繋がり)」のことを指します。

ギン

ということは、先程のなめらかなコード進行をつくった時の作業は、転回でボイシングを調整しスムーズなボイスリーディングをつくった。ということになりますね。

分数コードとの違い

分数コードは、コードのルート(基準音)ではない音をベース音(最低音)に足したコードのことです。

ここだけ聞くと転回コードと似ているように感じるかもしれませんが、転回コードはコードの構成音の高さを入れ替えるのに対し、分数コードはベース音を新たに付け足すといった印象が強いです。

表記は転回の時と同じ「△/〇」(もしくは△on〇)ですが、いずれにしてもスラッシュ右側の部分が最低音を表しているということに変わりありません。

ピアノの場合は右手でいつも通りコードを弾き、左手で本来のルートとは異なるベース音を弾きますし、ギターの場合も通常のコードを押さえつつ、5・6弦でベース音を付け足すことが多いです。

いずれにしても、転回コードの時と同様にスラッシュの右側に来る音がベース音(最低音)になっているはずです。

楽譜で見ると以下のような感じです。

同じコードの繰り返しですが、2回目の方が耳なじみが良く聞こえると思います。これは、分数コードを使ってベースラインを整えているからです。

スムーズなコード進行をつくるという意味では、転回も分数コードの同じような役割を果たします。

ギン

ちなみに分数コードはベース音さえ守っていれば、コード自体は基本形でも転回系でも問題ありません。
コード譜での分数コード
コード譜で「△/〇」が出てきた場合、転回コードなのか分数コードなのか迷うかもしれませんが、この場合はほぼ間違いなく分数コードです。転回をしてもコードの機能が変わらないため、ほとんどの場合は演奏者まかせです。分数コードでない限りわざわざ表記する必要はないでしょう。

まとめ

まとめましょう。

  • 転回とは、低い方の音をオクターブ上にあげ高くする操作のこと
  • 転回してもコードの機能は変わらないため、演奏者が自由に弾きやすいように転回することができる
  • 転回はスムーズなコード進行をつくるために使用される
  • ボイシングは「コード構成音の配置」のことを指し、ボイスリーディングは「コード構成音の動き(繋がり)」のことを指す
  • 分数コードは、コードのルート(基準音)ではない音をベース音(最低音)に足したコードのことを指す

後半は転回とは関係ないところが多いですから、最低限上の3つだけでも覚えておくといいと思います。