音楽理論の超基本:音程の仕組みと度数の数え方

このページでは、音程の仕組みや度数の数え方について解説しています。
重要で基礎的な内容ですので、しっかりと覚えておきましょう。

音程とは?

音程とは、2つの音の高さの間隔を表すものです。

英語ではインターバル(interval・間隔)です。

音楽理論で使われる場合、基準音からの距離という意味合いで使われることも多いですが、いずれにしても2音間の間隔ということには変わりありません。

そのため、表現する場合も、広い/狭いで表します。

ギン

音の高さのことではないので、「この曲は音程が高い」などというと厳密には間違いですね。でも逐一注意したところでリクツっぽいヤツだと思われるのがオチでしょう。(笑)

音階や音高との違い

音階(スケール)とはあるきまった音程ごとに音を順番に並べたものです。また、音高は単純に音の高さを表します。

音程と混同しないように注意してください。

  • 「ドレミファソラシド」をセットで音階。
  • 「ド」や「ファ」は音高。
  • 「ド~ファ」の間隔を表すのが音程。
とイメージすると分かりやすいでしょう。

度数とは?

度数は、音程がどのくらい離れているのかを表す時に使います。

繰り返しになりますが、音程は音の間隔を表すものですから、実際「どれほどの距離」離れているのかを表す必要があります。

その距離を表すものが度数というわけです。

度数の数え方

基本的には1度、2度、3度….と数えますが、より正確に音程を表す場合、「長/短/完全/増/減….」という言葉が頭に付きます。

また、最も重要なこととして、度数の基準は五線譜上の音の間隔というということを覚えておいてください。

その基準を基に、「長/短/完全/増/減….」などをくっつけてあげて初めて、「増(不気味)」な感じや、「減(窮屈)」な感じなど、音の表情まで正確に表現することができるようになるからです。

譜面を読むのが苦手という人もいるかもしれませんが安心してください。

五線譜上での音符の位置はピアノの白鍵と完全一致しますから、白鍵何個分離れているかを数えることで、五線譜上での距離を簡単に数えることができるからです。

数え方のきまり

五線譜上での距離を基準に考える

まずは先程紹介した、五線譜上での距離を基準に考えるということです。

つまり、五線譜上で3つ分離れていればそれは3度ですし、5つ離れていれば5度になります。

たとえ調号(♭#)がついていても、音符自体の位置は変わらないため度数も変わりません。

度数により表現が異なる

基準となる度数は五線譜上での距離だということを紹介しましたが、その度数によって更に「長/短」系と「完全」系の2つに大まかに分けることができます。

種類 度数
長/短系 2・3・6・7度
完全系 1・4・5・8度

2・3・6・7度は必ず「長/短」で表現し、1・4・5・8度は「完全」を使います。

そのため、完全3度や長5度などは存在しません。

覚えられないと感じるかもしれませんが、1度(同じ音)と8度(オクターブ上)はあってないようなものですので、4・5度以外は全て「長/短」で表すと覚えておけば大丈夫です。

音程が広がれば「増」、狭まれば「減」を使う

またこれらを基準に更に音程が広がると「増」、狭まると「減」となります。

この関係図は覚えておきましょう。
*重増、重減についてはほぼ使わないので省略

何を基準に長、完全?
響きの違いで分けています。
完全系は、完璧に響きますが、半音狭めるといかにも「減(窮屈)」な音が出ますし、広げるといかにも「増(不気味)」な音が出ます。一方で長音程も綺麗に響きますが、半音狭めても窮屈というよりなんか「短い(切ない?)」という印象を受けます。その為これらを「長/短系」として分けているのです。※諸説アリ

ルールをまとめておきます。

  • 五線譜上での距離を基準に考える
  • 2・3・6・7度は「長/短」、4・5度は「完全」を使って表す
  • そこから更に音程が広がれば「増」、狭まれば「減」を使う
では詳しく見ていきましょう。

長/短音程

2・3・6・7度が「長/短」音程になると説明しましたが、メジャースケールではいずれも長音程になり、マイナースケールでは2度のみが長音程で、3・6・7度が短音程になります。

Cメジャースケール

    1

    2

  • 長2
    3

  • 長3
    4

    5

    6

  • 長6
    7

  • 長7
    8

     

     
Cマイナースケール

    1

    2

  • 長2
  • 3
     

  • 短3
    4

    5

  • 6
  • 短6
     

  • 7
  • 短7
     
    8

     

     
度数の基準は五線譜上の距離だということも忘れないでください。

例えば3度の場合は、それぞれ基準音から数えてC..D..Eと3つ分離れているから3度を基準として「長/短」を付けているワケです。

メジャーでもマイナーでも五線譜上でちゃんと度数分離れているか確認してみて下さい。

全て覚えようとすると大変ですので、全て長音程になるメジャースケールを基準として覚えておくことをお勧めします。

先程の鍵盤の位置からすると、長音程の音程間隔としては以下の表のようになります。

度数 音程間隔
長2度 半音2つ分(間に1鍵盤)
長3度 半音4つ分(間に3鍵盤)
長6度 半音9つ分(間に8鍵盤)
長7度 半音11つ分(間に10鍵盤)

短音程は、長音程より半音狭いので、短音程を知りたい場合はここから半音1つ分引けばいいだけです。

長3度と長7度くらいは和音の学習などで頻繁に使うのですぐ探せるようにしておいた方が良いと思います。

完全音程

4度と5度は完全系です。
※1度と8度も完全系ですが、特別な呼び名がありますので後で紹介します。

4度と5度はメジャースケールでもマイナースケールでも完全音程になります。

Cメジャースケール

    1

    2

    3
    4

  • 完4
    5

  • 完5
    6

    7
    8

     

     
Cマイナースケール

    1

    2

  • 3
     
    4

  • 完4
    5

  • 完5
  • 6
     

  • 7
     
    8

     

     
完全音程の音程間隔は以下のようになります。

度数 音程間隔
完全4度 半音5つ分(間に4鍵盤)
完全5度 半音7つ分(間に6鍵盤)

完全5度は和音の学習で頻繁に出てきますので覚えておきましょう。

ユニゾンとオクターブ

残るは1度と8度です。

1度で音の高さが同一の場合は「ユニゾン」と呼ばれることもあります。

また、完全8度には、「オクターブ」という名前がついています。

ユニゾン(Cメジャースケール)

    1

  • 完1
    2

    3
    4

    5

    6

    7
    8

     

     
オクターブ(Cメジャースケール)

    1

    2

    3
    4

    5

    6

    7
    8

  • 完8
     

     

増/減音程

「増/減」音程は、「長/短」音程や「完全」音程の間隔を更に広げたり狭くしたりするときに使います。

先程も載せましたが、この図の通りです。

「長」音程を半音狭めると「短」になりますが、その「短」音程を更に狭めると「減」音程になります。

逆に、「長」音程を半音広げると「増」音程になります。

「完全」音程に関しても、半音狭まれば「減」、半音広がれば「増」になります。

また滅多に使いませんが、「減」音程を更に狭めると「重減(じゅうげん)」、「増」音程を更に広げると、「重増(じゅうぞう)」になります。

ギン

熱くなるのは修造です。

「重増/重減」に関してはめったに出で来ることは無いので、ほぼ「まぼろし」くらいに思ってもらっていいでしょう。(笑)

実際に度数を数えてみよう

今まで解説してきたことを踏まえて、実際に度数を数えてみましょう。
Eを基準に長3度上の音は?

    C

    D

    E
    F

    G

    A

    B
    C

    D

    E

ギン

長3度は半音4つ分だから….Eから半音4つ上がって….G#!
正解です!

    C

    D

    E
    F

    G

  • G#
  • 長3
    A

    B
    C

    D

    E

同じ音でもA♭と答えると間違いです。

度数はあくまで五線譜上の距離が基準になりますから、E…F…Gと3度上がってGを基準に答えるべきです。
※ピアノの白鍵は五線譜と完全一致しますから、「白鍵の数を数える=五線譜上での数を数える」と考えていいワケです。

もしA♭と答えると、五線譜上では4つ分(4度)離れていることになってしまいますからね。

ギン

も…も…もちろん分かっていたさ….そんなことくらい。汗

じゃあ、E♭から完全5度上の音は?

    C

    D

  • E –
    E
    F

    G

    A

    B
    C

    D

    E

ギン

完全5度は半音7つだから、A#かB♭の黒鍵のところに来るなぁ…。基準音のE♭は五線譜上ではEの位置にあるから、E…F…G…A…Bで5度上がって、Bが基準になるからB♭!

正解です。

    C

    D

  • E –
    E
    F

    G

    A

  • B –
  • 完5
    B
    C

    D

    E

黒鍵が入ると分かりにくいですが、「五線譜だとどうだろう?」という視点が持てると混乱せずに済むはずです。

長/短….が付かない度数の数え方

よく参考書などで、「〇〇スケールの3度の音は….」とか、「〇〇コードの5度の音は….」などと説明されていることがよくあります。

これは、音程を正確に表すためというより、どの音のことを言っているのか明確にするために「〇度」と説明されている場合が多いです。

「〇〇スケールの3度の音」は、「そのスケールの第3音」のことだと考えていいですし、「〇〇コードの5度の音」は、「そのコードの5度に当たる音」と考えていいわけです。

この場合、音程間隔を正確に表すことは出来ませんが、いちいち長や短を付ける必要がなく、どの音のことを説明しているのかを明確にしたい場合に、このような表現が良く使われます。

まとめ

音程と度数についてまとめましょう。

  • 音程は2つの音の高さの間隔を表す
  • 度数は間隔がどれくらい離れているかを表す
  • 度数は五線譜上の距離を基準に数える
  • 度数によって「長/短」系、「完全」系、があり、更に音程が変化する場合「増/減」を使って表現する

よく使うものだけでもすぐにわかるようにしておくと便利ですので、めんどくさがらずに覚えるようにしましょう。