分数コードの使い方:実際のコード進行も含めて紹介します

分数コードとは

まずは、分数コード(オンコード・スラッシュコード)について説明します。

分数コードとは、コードのルートではない音をベース音に足したコードのことです。

基本はコードのルートがベース音になることがほとんどですが、別の音をベース音に持ってきたい場合はこの分数コードを使って指定します。

ちなみに分数コードはベース音さえ守っていれば、コード自体は基本形でも転回系でも問題ありません。

ギン

微妙な違いですが、、、ルートは基準音(根音)、ベースは最低音ですよ!

分数コードの表記

分数コードには、「△/〇」もしくは「△on〇」という表記が使われます。△の部分にコード、〇のところが最低音です。

読み方は、例)C/G→「シーオンジー」となります。

転回系のコードを表す時もスラッシュ「/」が使われることがありますが、いずれにしてもスラッシュ右側の部分が最低音を表しているということに変わりありません。

コード譜での「△/〇」
コード譜で「△/〇」が出てきた場合、転回コードなのか分数コードなのか迷うかもしれませんが、この場合はほぼ間違いなく分数コードです。転回をしてもコードの機能が変わらないため、ほとんどの場合は演奏者まかせです。分数コードでない限りわざわざ表記する必要はないでしょう。

転回コードとの違い

転回コードはコードの構成音の高さを入れ替えるのに対し、分数コードはベース音を新たに付け足すといった印象が強いです。

そのため分数コードでは、ベース音さえ守っていればコード自体は基本形でも転回系でも問題ありません。

ピアノの場合は右手でいつも通りコードを弾き、左手で本来のルートとは異なるベース音を弾きますし、ギターの場合も通常のコードを押さえつつ、5・6弦でベース音を付け足すことが多いです。

分数コードの使い方

実際のコード進行での使用例を紹介します

使用例1

  • C→G/B→Am→F

全半の最低音だけに注目すると、C→B→Aと全音間隔で降りてきているのが分かると思います。

分数コードは、このような滑らかなベースラインをつくるためによく使われます。

使用例2

  • Am/C→F/C→G/D→C/E

分数コードにしてもコードの機能は変わりませんから、このように使いまくっても大丈夫です。(笑)

ベース音はコード構成音のいずれかになるように意識してあげると、うまく響きます。

使用例3

  • C→G/B→C/B♭→F/A

ベースラインが半音間隔で降りてくる曲って結構耳にしますよね?

これはラインクリシェというテクニックでその中で分数コードを使っています。

3つ目のコードのC/B♭では、Cコード構成音にはないB♭がベース音に来ています。そのため少し「おやっ?」と思わせるような雰囲気がありますがそこまで不自然には聞こえないでしょう。

必ずしもコード構成音の何れかでないと使えないという訳ではありませんので覚えておいてください。

まとめ

まとめましょう。

  • 分数コードとは、コードのルートではない音をベース音に足したコードのこと
  • 「△/〇」もしくは「△on〇」という表記が使われ、△の部分にコード、〇のところに最低音が入る
  • ベース音はコード構成音のいずれかを使うと無難

以上、分数コードの解説でした。

早速使ってみて下さい。