フラットファイブどう使う?ディミニッシュとの違いも含めてやさしく解説

さて今回はフラットファイブの解説です。

かなり限定的な使い方がほとんどですので、この際マスターしてしまいましょう。

フラットファイブとは?

フラットファイブとは、コード構成音の5度が、減5度のコードを指します。

Cメジャースケールのダイアトニックコードだと、7番目のコードがそれです。

MEMO
C、Dm、Em、F、G、Am、Bm-5

ほとんどの場合フラットファイブはマイナーコードの状態で使われますので、m-5とひとまとめで覚えておくと良いでしょう。

フラットファイブの使い方

ツーファイブで使う

フラットファイブの使い方として間違いなく一番多いのがこれです。

ツーファイブについては別記事で解説していますが、ここでは「進行感が強まるコードの繋げ方」くらいの理解で問題ありません。笑

実例を挙げて解説しますので、先ずは以下の進行を聴いてみてください。

  • F→Dm→G7→C

このコード進行のDm→G7の部分がツーファイブ(ダイアトニックコードのⅡ→Ⅴ)になっています。進行感はとてもありますが、「いかにも」な響きが強すぎる気もします。

このDmをDm-5に変えて聴いてみましょう。

  • F→Dm-5→G7→C

ツーファイブ!って感じだったのが、若干オサレになったと思います。笑

これはDmの5度がフラットした事で、Fのラ→Dm-5のラ♭→Gのソと半音間隔で降りてくる感じがあるからでしょう。

更にいうとフラットファイブの次に来るドミナントはマイナーに変えてあげた方がしっくりきます。

そうしてあげることで、Dm-5のラ♭→G7のシ、という気持ち悪い増2度音程がなくなります。

  • F→Dm-5→Gm7→C

ちなみにツーファイブやセカンダリードミナントで使われる時はほぼセブンスコードの状態で使われます。理由は、次に来るコードがドミナントセブンスだからです。

また、セブンスコードの方が緊張感がありますのでよりオシャレ感が強調されるという面もあります。

  • FM7→Dm7-5→Gm7→C

このような感じです。

セカンダリードミナントで使う

ツーファイブで使えるなら、同じく強進行のセカンダリードミナントでも使えるはずです。

以下のコード進行で試してみましょう。

  • FM7→E7→Am7→C7

通称「丸の内サディスティック進行」とも言われるこの進行ですが、E7→Am7の部分でセカンダリードミナントが使われています。

このE7をEm7-5に変えてみましょう。

せっかくE7がいい仕事をしてくれているこの進行を、なんでまたEm7-5に変えるんだ?

サディスティックなのはオマエだろ。

、、、、という正論を聞き流しつつ聴いてください。笑

  • FM7→Em7-5→Am7→C7

良し悪しはさておき、スムーズに進行できていることは分かるとおもいます。

納得のいかないみなさんのために(笑)、E7を残しつつE7の直前にBm7-5を置くパターンも試してみましょう。

これだとE7の良さも取り入れつつBm7-5の響きも取り入れることができます。

MEMO
なぜルートがBになるのかを簡潔に説明すると、先程のE7→Am7が5度下への進行(強進行)だったのと同じように、Bm7-5→E7も5度下への進行になるからです。

Bm7-5→[5度下の]E7→[更に5度下の]Am7、という進行になっているので進行感が感じられるというわけです。

  • FM7→[Bm7-5→E7]→Am7→C7

違和感なく繋がっていますよね?

このようにフラットファイブはセカンダリードミナントでも使用することができます。

ベースラインを整えるのに使う

フラットファイブのその他の使い方として、ベースラインを整える時に使うという方法もあります。

このコード進行を聴いてみてください。

  • C→F→Dm→G

ベースラインが飛び飛びですのでまとまった印象がありません。フラットセブンスを使ってベースラインを整えてみましょう。

フラットセブンスはマイナーコードの直前が相性が良いですので、Dmの前のFをC#m-5に変えて、C→C#→Dのベースラインを作ってみましょう。

  • C→C#m-5→Dm→G

このような感じで使います。

別の例だとこんなのとか。

  • F→F#m-5→Gm→C

もういっちょ。

  • Em→F→[G→G#m-5]→Am

必ずしもマイナーコードの前でないと使用できないという訳ではありませんが、意識しておくといいと思います。

ベースラインが上がるパターンはしっくりきますが、降りていくパターンはうまくハマりません。

ですので、ベースラインというよりトップノート(コードの一番上の音)を段階的に降ろすパターンで使われることが多いと思います。

  • Dm→Dm-5→C

トップノートがラ→ラ♭→ソと降りてくるのが気持ちいいですよね?

ディミニッシュとの違い

よく混同されがちなディミニッシュとの違いですが、マイナーフラットファイブ(m-5)の場合、構成音はディミニッシュと全く同じですので違いは無いと考えてもいいでしょう。

ただ、四和音にすると構成音に違いが出てきます。

  • Cm7-5→ド、ミ♭、ソ♭、シ♭
  • Cdim7→ド、ミ♭、ソ♭、ラ

故に使い方も少し変わります。

参考書によって表記が変わったりしますのでややこしいですが、三和音の場合マイナーフラットファイブとディミニッシュは同じ構成音になると覚えておくと混乱せずに済むでしょう。

まとめ

まとめましょう。

  • フラットファイブとは5度が減5度のコードのこと
  • ツーファイブやセカンダリードミナントで使われることがほとんど
  • ベースラインやトップノートを整える時に使うこともある
  • 三和音のマイナーフラットファイブとディミニッシュは同じ構成音

これだけ覚えておけば十分です。