ディミニッシュはどう使う?よくあるパターンを実例も含めて紹介します「音声あり」

ここではディミニッシュトコードについて解説していきます。

ディミニッシュとは?

ディミニッシュは減らすという意味を含んだ単語で、音楽で使われる場合、ディミニッシュコードの事を単にディミニッシュと呼ぶ事が多いです。

ディミニッシュは基本的には四和音(ディミニッシュトセブンス)で使われる事が多く、その場合構成音は「ルート、短3度、減5度、減7度」になります。

表記は「dim/dim7/°/°7」などが一般的で、参考書などによってはセブンスでも単に「dim/°」という表記が使われる事もあります。

コードだけ弾くと不気味な響きですが、うまく使えばコード進行の中でアクセントになってくれます。

ノンダイアトニックコードの中では特に使用頻度が高いですのでここでマスターしてしまいましょう!

ディミニッシュとフラットファイブの違い

フラットファイブは「-5」で表記されるコードで、ほとんどの場合はマイナーフラットファイブ「m-5」の状態で使われます。

三和音の場合、構成音はディミニッシュと同じですが、四和音だと違いますので注意が必要です。

コード 構成音
Cdim7 C・E♭・G♭・A
Cm7-5 C・E♭・G♭・ B♭
フラットファイブどう使う?ディミニッシュとの違いも含めてやさしく解説フラットファイブどう使う?ディミニッシュとの違いも含めてやさしく解説

ディミニッシュの使い方

パッシングディミニッシュ・上行パターン

パッシングディミニッシュは2つのコードの「つなぎ」としての役割が強く、段階的に上がったり下がったりするフレーズで間に挟んで使われます。

ディミニッシュの使われ方として最も多いのがこの方法で、特に上行パターンで使われる事が多いです。

例えばこんな感じ。

  • CM7→C#dim7→Dm7→G7

ルートがC→C#→Dと上がっていくのが心地いいですよね?

コード進行のアクセントとして入れ込むパターンもみてみましょう。

  • FM7→CM7→[G7→G#dim7]→Am7

こんなのとか。

  • C→[G7→G#dim7]→Am7→FM7

こんなの。

Cメジャーキーだと。

  • CM7→C#dim7→Dm7
  • Dm7→D#dim7→Em7
  • FM7→F#dim7→G7
  • G7→G#dim7→Am7

このあたりがよく使われます。ディミニッシュの着地先がある程度安定したコードだとしっくりくるようです。

パッシングディミニッシュ・下降パターン

解決感が少ないため上行パターンよりかは使われませんが、下降パターンでも使用できます。

  • Em7→E♭dim7→Dm7→G7

ドミナントの代理

ドミナントセブンスの代わりに、その半音上のルートを持つディミニッシュトセブンスを使うという方法もあります。

構成音が非常に似ているので代理として使う事が出来るのです。

コード 構成音
C7 C・E・G・B♭
C#dim7 C#・E・G・B♭

セカンダリードミナントが含まれる進行で試してみましょう。

  • FM7→Fdim7→Am7→C7

本来であれば、E7→Am7と行きたい所ですが、E7をディミニッシュで代理して、半音上のルートを持つFdim7に入れ替えています。

ルート音がダイアトニックコードになるよう工夫すると、上手くはまりやすいですね。

また、ドミナントセブンスならどこでもディミニッシュと入れ替えて良いわけではありません。

コード構成音のうち最も重要なルート音が違いますので、場合によってはうまくはまらないことも多いです。

例えばツーファイブワンのⅤの代理でV#dim7を使うと響きが濁ります。ルートの動きがⅡ→V#の増音程になってしまうため気持ち悪いのです。

  • FM7→Dm7→G#dim7→C

ルートの動きが気持ち悪くならないように、前後関係を考えて使うといいでしょう。

まとめ

まとめます。

  • ディミニッシュはほとんどセブンス使われる
  • パッシングディミニッシュで特に上行するフレーズで使われる
  • ドミナントセブンスの代理になる

さあ。早速使いましょう!