ダイアトニックコードとは?その役割と使い方をやさしく解説

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックとは、日本語で「調性内」という語があてられますが、意味合い的には「その音階に基づく」と表現したほうがしっくりきます。

そのため、ダイアトニックコードとは、「音階に基づいたコード」つまり、スケール内の音高を3度ずつ積み重ねてできるコードのことです。
※3度を重ねる理由は、それが最も美しく響くからです。

このように、ダイアトニックコードはスケールに基づいて構成されるコードですので、各スケールごとにダイアトニックコードをつくることができます。

ダイアトニックコードの役割

ダイアトニックコードを知っておく利点は、

そのスケールにぴったりなコードがわかるからです。

例えば、メジャースケールでメロディをつくった場合、メジャースケールのダイアトニックコードの中からコードを探せば、ピッタリなコードはすぐ見つかります。

言い方を変えれば、ダイアトニックコードは「そのスケールでよく協和するコードの寄せ集め」みたいなものですから、どのスケールでも綺麗なハーモニーを奏でることが、より簡単にできるようになるはずです。

ダイアトニックコードの種類

ダイアトニックコードには、大きく分けて三和音(Diatonic Triad・ダイアトニックトライアド)と四和音(Diatonic Seventh Chord・ダイアトニックセブンスコード)の2種類があります。

いずれも「スケールに基づいて3度ずつ音を重ねた和音」であることは変わりありませんが、表記は異なりますからここでしっかりと押さえておきましょう。

ダイアトニックトライアド

まず、三和音(トライアド)の場合のダイアトニックコードを見ていきたいと思います。

ダイアトニックトライアドとは、スケール内の音高を3度ずつ積み重ねてできる三音の和音のことです。

メジャースケール例にして考えましょう。

Cメジャースケールの音高を3度ずつ重ねるとこのような7つのコードが完成します。

これが、Cメジャーキーのダイアトニックトライアド(調性内三和声)ということになります。

先程も述べた通り、ダイアトニックコードは音階(スケール)に基づいて作られるコードですから、度数関係を表す右側の部分(例、Dm、Bm(-5))はスケールが変わらない限り、基準音がどこになろうと変化しません。

そのため、Dメジャースケールであれ、Eメジャースケールであれ、メジャースケールである以上はコードの右側の部分は変化しないことになります。

そうなると、以下のように表現したほうが楽です。

ローマ数字での表記
ローマ数字で、「1234567」は、「Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ」になります。

こうしておくと、数字の部分に各スケールの音高を当てはめるだけでメジャースケール全てに対応できます。

ギン

ダイアトニックコードの覚え方は後ほど紹介します。

ダイアトニックセブンスコード

次は四和音(セブンスコード)です。

ダイアトニックセブンスコードとは、スケール内の音高を3度ずつ積み重ねてできる四音の和音のことです。

先程と同じ考え方をすると、以下のように表現できます。

これがメジャースケールでのダイアトニックコードです。

セブンスコードは四音の和音ですから、三和音よりも響きが重圧でゴージャスな印象です。

三和音の方がわりと安定した響きになることが多いですが、逆に緊張感のあるコード(Ⅴ7等)はセブンスコードが使われる場合が多かったりします。

ダイアトニックコードを覚えよう

メジャースケールのダイアトニックコードは覚えておくといいと思います。

以下は三和音の場合のダイアトニックコードです。

覚え方はこうです。

まず1オクターブ上のⅠも含めて考えます。その状態で真ん中で2つに分けて、そのうち内側の2つがマイナーだと覚えると楽です。

Ⅰ(Ⅱm Ⅲm)Ⅳ ¦ Ⅴ(Ⅵm Ⅶm(-5))Ⅰ

あとはⅦに(-5)が付くだけですね….。

一方、四和音の場合は、以下のようなダイアトニックコードでした。

四和音に関しては気合いでどうにかしてください。

ギン

突然の放棄……..。

まとめ

まとめましょう。

  • ダイアトニックコードとは、スケール内の音高を3度ずつ積み重ねてできるコードのこと
  • 3音ずつ積み重ねたものをダイアトニックトライアド、4音ずつ積み重ねたものをダイアトニックセブンスコードという
  • ダイアトニックコードが分かると、そのスケールを使った音楽にピッタリなコードを探しやすくなる
  • スケールに基づいて作られるため、スケールが変われば当然ダイアトニックコードも変わる

最低限以上のことは押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です