何が凄い?「パプリカ」のコード進行を徹底分析してみる:やっぱ米津さんは天才

さて今回は、米津玄師さんの「パプリカ」を楽曲分析していこうと思います。

foorinのパプリカではなく米津さんバージョンで分析しますが、曲は同じなので内容はほぼ変わらないでしょう。

米津さんの楽曲はどの曲も面白いテクニックがちりばめられていて、分析していくととても面白いです。このパプリカという曲も、独特な雰囲気がありながら、どこか懐かしさを感じる面白い楽曲だと感じます。

テレビでもたびたび取り上げられる人気っぷりですし、どこかの応援ソングになったり、YouTubeの再生回数も凄いことになっているようです。

このままいけば、

恐らく来年あたりにはほとんどの市町村がお昼のサイレンに採用すると思います。

これで子供のパプリカ嫌いが治るといいですね。

ギン

、、、、パプリカ違いだ。

本題から逸れたところで始めましょう。汗

パプリカの楽曲分析

Aメロ・コード進行

Aメロのコード進行は以下の通りです。

(まがり~)A# A7
(青葉の~)Dm (Cm F)
(あそび~)A# A7
(誰かが~)Dm (Gm F)

キーはFです。(Fメジャーのダイアトニックコード : F Gm Am B♭ C Dm Em-5)

出だしからいきなりダイアトニックコードではないA#が出てきているので混乱しそうですがFの代わりに使っていると考えて下さい。

なぜここでA#を使っているかというと、次に出てくるA7に対して半音上から解決するサブスティチュートドミナント的なサウンドをつくりたかったんだと思います。出だしから浮遊感があってかっこいいですよね。

また、このA7も本来であればマイナーコードのAmになるはずなのですが、この次に来るDmに対してセカンダリードミナントになるようにA7にしているようです。

Bメロ・コード進行

続いてBメロです。

(夏が~) A# A7 Dm
(あなた~)A# C C#dim Dm
(見つけ~)A# A7 Dm
(明日も~)A# A7 D

(Fメジャーのダイアトニックコード : F Gm Am B♭ C Dm Em-5)

A#の使い方はAメロと同様です。

新たにC#dimが出てきていますが、これはC→Dmに行く橋渡しの役割で入っています。

詳しくは以下の記事で説明しています。

ディミニッシュはどう使う?よくあるパターンを実例も含めて紹介します「音声あり」ディミニッシュはどう使う?よくあるパターンを実例も含めて紹介します「音声あり」

サビ・コード進行

サビのコード進行も見ていきましょう。

(パプリカ~)G F#7 Bm D
(晴れた~) G A F#7 Bm
(ハレルヤ~)G F#7 Bm D
(こころ~) G E7 A D

これまではFメジャーキーでしたが、サビからはDメジャーキーに転調しています。
(Dメジャーキーのダイアトニックコード : D Em F#m G A Bm C#m-5)

どうやって転調したかと言いますと、、、。

Bメロの最後がA7→Dでしたよね?そのままツーファイブワンのようにG(DメジャーキーのⅣ)に飛んできています。

ツーファイブワンのようなドミナント進行を使って転調すると、聴き手は転調したかどうかも分からないほど自然です。

また、サビが終わってAメロに戻るときは、サビの最後のDをピボットコード(共通コード)として転調しています。もとのFメジャースケールはダイアトニックコードにDはありませんがDmを持っているのですんなり戻ることができています。

転調のやり方総まとめ!よくある3種類のパターンを音声ありで紹介します転調のやり方総まとめ!よくある3種類のパターンを音声ありで紹介します

全体のメロディ

メロディに関していえば、全体を通してペンタトニックスケールが使われています。

ペンタトニックスケールとは「ヨナ抜き音階」ともいわれ、スケールの4、7(ヨナ)を抜いた残りの五音が使われます。

米津玄師Verの「パプリカ」では完全なヨナ抜き音階ではないのですが意識して作曲していると思います。完全にこの2音を使わないと「童謡」感が強くなってしまいますので、Bメロでは普通のメジャースケールを使っています。

Bメロをペンタトニックスケールだけで作ろうとするとこんな感じになります。

ギン

にじみ出る童謡感、、、。

お昼のサイレン決定です。(笑)

スケールの枠にとらわれ過ぎず、必要なら使うくらいのスタンスが丁度いいのかもしれませんね、、、。

まとめ

どうでしたか?

コードを差し替えたり、ドミナント進行で転調したり、共通コードで戻ってきたり、ペンタトノックスケール使ったりと、様々なテクニックを駆使して曲を作ってるんだなと感心させられます。

本人がこれを意識して作曲しているかは不明なのですが色々と勉強になります。米津さんの曲は「パプリカ」以外も楽曲分析しているので是非のぞいていってください。