あいみょん「マリーゴールド」を楽曲分析してみた~まったり感はどこから来る?

あいみょん「マリーゴールド」の楽曲分析

今回は、あいみょん「マリーゴールド」の楽曲分析をしてみたいと思います。

原曲キーはAですが、説明のためにキーCとして紹介します。

マリーゴールド分析、Aメロ

(風の強さ~)C G
(心揺さぶり~)Am G
(真面目に~)F C
(君が~)F G

最終的に落ち着くコードは主音Cなのですが、フレーズだけを考えるとGに解決しているようにも感じます。

実際はフレーズの拍の頭のCで解決していますが、G→Cという進行がなくドミナントのGからサブドミナントのFに進行したりもしています。(カデンツではご法度ですよね?)

Cでガッツリ解決するのを避けることで、メジャースケールの「いかにも」な響きを避けることができますし、G解決を増やせばCメジャースケールと全く同じ構成音を持っている、Gミクソリディアンスケールなのかも?と聴かされている側は無意識のうちに感じます。

ただ、ミクソリディアンスケール特徴づける第7音(G MixoだとF)を使ってしまうと本当にそうなってしまいますので、ここのメロディではFだけ避けられています。

マリーゴールド分析、Bメロ

(目の前で~)Am C
(大好き~)F G

サビへのブリッジとなるフレーズですので力強く進行するのかと思いきやまだダラダラしています。

特に、三小節目のF→Gの部分、私ならもっと進行感のあるDmやセカンダリードミナントでDを使ってGに行きたくなるのですが、あいみょんさんはこれまで通りのF→Gを使っています。

原曲と聴き比べてみて下さい。
Dm→G:強進行パターン

D→G:セカンダリードミナントパターン

強い緊張感をつくらずダラダラ進行させることで、真夏のけだるい感じが表現されているようにも感じます。(もちろん歌い方もあると思いますが)

第三小節のFの部分で、メロディの第一音目のEと半音被りで不協和しそうなのが気になりますが、Fに上にEがのっていると考えるとFM7ですので問題ないようです。

同じような構成を米津玄氏さんの曲でも見たことがあります。

米津玄氏「Flamingo」を楽曲分析してみた〜独特の浮遊感はどこから?米津玄氏「Flamingo」を楽曲分析してみた〜独特の浮遊感はどこから?

マリーゴールド分析、サビ

(麦藁の~)C G
(揺れた~)Am G
(あれは~)F [C Am]
(懐かしい~)F G

ここまで、メロディでFを一度も使っていませんでしたが、サビに入ってから多用していますね。

コード進行は、基本的にAメロと同じです。

結論

メジャースケールの中に別のスケールの要素をしれっと含ませたり、敢えて力強い進行を避けたりすることで、この「マリーゴールド」の世界観が生まれているようにも感じました。

よく聴かれる曲にはそれなりの理由があるということが確信できると思います。

分析は人それぞれですので、是非皆さんも面白いギミックを探してみて下さい。