米津玄氏「Lemon」を楽曲分析してみた〜転調をうまく使いこなそう!

米津玄氏「Lemon」の楽曲分析

今回は、みんな大好き米津玄氏さんの「Lemon」の楽曲分析をしてみたいと思います。

本来はキーBなのですが、説明のためにキーCにして紹介します。

Lemon分析、Aメロ

先ずは初めの部分です。

キーCに直して考えると、

[Aメロ]
(夢な~)Am G F C
(未だ~)F C D# E ウェッッッッッ!
(忘れ~)Am G F C
(古び~)F C G C

ウェッッッッッ!は無視するとして、2列目のコード進行は面白いですね。(笑)

キーCのダイアトニックコードはC Dm Em F G Am Bm(-5)、なので、D#とEは出てきません。

曲を聴いていてもこの部分で「おやっ」っと思うのはそのためです。

この部分はメロディ比較すると良く分かります。

4拍それぞれのあたまの音を抜き出すと

F G F# G#

になります。

本来のコード進行は「(未だ~)F C D# E」ですが、これは、「F G F# G#」を聴かせるための物だということです。

こうしてみると、2泊目の頭から半音上のキーに転調したことが分かります。

似たようなフレーズが連続してつまらない時には、2つ目のフレーズで隣のキーに転調できないか考えてみるといいかもしれません。

あえて転調せず。つまらなくしたバージョンをお聴きください。

何してくれてんねん。

夢ならばどれ程良かったでしょう、、、、。

Lemon分析、サビ

[サビ]
(あの日の~)F C G Am
(その全てを~)F C G E
(胸に残り~)F C (Bm→E) Am

Eがたくさん登場していますが、特に(胸に残り~)からのフレーズで出てくるEはセカンダリードミナントです。

Bmからセカンダリードミナントの連続で最後Amに落ち着きます。

米津玄師 lemon

ルートが5度進行になっているため強い進行感が生まれますし、着地先のコードの調性感を強めるので、転調までとは言えないもののAmスケール感を演出することができています。

Lemon分析、Bメロ

この曲の一番面白いところは、2回目のサビの後のBメロ(ブリッジ)の部分でしょう。

(今でもあなたは~)Dm Am F G C ←サビのおわり

[Bメロ]
(じぶん~)F#m D E A
(恋をして~)D A E A

いきなりCメジャーのダイアトニックコードが全く出てこなくなりました。(笑)

これは、サビの終わりからAメジャースケールに転調しているからです。

米津玄師 lemon

ちなみに、サビの終わり部分が「Am F G C」で6451進行でしたが、Bメロ初めの「F#m D E A」もAメジャースケールの6451進行です。

このように、移調後も同じ進行パターンを続けることでスムーズに進行できているのだと思います。

それにしても超強引な転調ではないでしょうか?

サビの終わりのCからF#mに飛んでいます。本来ご法度の増4度進行で転調という禁則もろ破りです。

本来であれば違和感が強いはずなのですがここでスムーズに移調できているのは、これまでさんざんF#の音を多用していたからでしょう。

本来はスケール外の音ですが、散々使用しているので聴き手も受け入れてしまうのです。

結論

米津さんはハンパない。