米津玄氏「Flamingo」を楽曲分析してみた〜独特の浮遊感はどこから?

米津玄氏「Flamingo」の楽曲分析

今回は、米津玄氏さんの「Flamingo」の楽曲分析をしてみたいと思います。

独特の浮遊感があり面白い曲になっています。

この曲はナチュラルマイナースケールで作られているため少し暗い雰囲気を持ってますが、米津さんの世界観とマッチしていて個人的には好きです。

マイナースケールを使うと童謡のような響きになりやすいため、現代音楽ではあまり使われなくなったのですが、この曲は一曲を通してマイナースケールが貫かれています。

面白いので一読ください。

原曲のキーはGmですが、説明のためにキーCmとして紹介します。

Flamingo分析、Aメロ

(宵闇に~)Fm Cm
(悲しみに~)[Fm G] Cm

ちなみに、ナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードは、「Cm Dm(-5) E♭ Fm Gm A♭ B♭」です。

三小節目の途中にGが登場していますが、これはCメジャースケールへのモーダルインターチェンジコードです。

つまり本来はGm→Cmだけど、マイナーコードばっかりで暗すぎるからCメジャースケールのGを借りてきて使ってますよ。ということです。

ただ、ほとんどの場合聞き手はメジャースケールを想定して聞きますから、Gで「おやっ」とは思わずに、FmとCmの切ない響きの方が気になるはずです。

もちろんGmを使っても問題なく響きます。

Aメロ全てがマイナーコードになってしまいますね。(笑)

Flamingo分析、Bメロ

(笑えない~)[Fm G] Cm
(からくれないの~)[Fm Gm] Cm

メロディは一変していますが、コード進行はFm始まりでCmに帰ってくるパターンのままです。

米津玄師 flamingo

また、一小節目はGなのに対し、三小節目はGmになっていますが、正直これはどっちでも構いません。

ただ、Aメロからがっつりマイナースケールを使っていますので、調性外の音が含まれるGの方が少し外れて聞こえます。

Gmのほうが無難な響きに聴こえるはずです。

Flamingo分析、サビ

(フラ~フラ~)A♭ B♭ Cm
(フラ~フラ~)A♭ B♭ Cm

歌詞もフラっとしていますが、音もフラットしてます。(笑)

それはさておき、、、。

A♭もB♭も、ナチュラルマイナースケールでは全てダイアトニックコードです。

いかにもマイナースケール感を押し出してきたなと思います。

A♭から全音間隔でA♭→B♭→Cmと上がっていきます。

不思議なのは、一小節目のメロディがG始まりなのにA♭をコードに持ってきて綺麗に響くことです。普通半音間隔の音を同時に鳴らすと不協和するのですが、ここでは問題なく響いています。

仮にこれがA♭M7だと考えると、セブンスの音がGになるので違和感がなくなっているのかもしれません。

面白いですよね?

結論

米津さんは凄い。