転調のやり方総まとめ!よくある3種類のパターンを音声ありで紹介します

転調ってなんか憧れませんか?

転調に対して根拠のない憧れをいだいてしまう中二病予備軍は私だけではないはずです。(だれか共感して)

、、、まあそれはいいとして。汗

転調と一口に言ってもいろいろな種類がありますし、使いこなすには難しそう、、、と感じる人も多いのではないでしょうか?

今回はそのうち最もよく使われている3種類の転調の方法について取り上げます。皆さんが楽曲を分析したり、作曲するときにも役立てられるよう説明しますので最後までお付き合いくださいね。

ギン

頑張ろう!

転調とは

転調とは、曲の途中で本来の調とは違う調に移るテクニックのことです。

上手く使うことで、聴き手を飽きさせなかったり、盛り上がりをつくったり、印象的なコード進行をつくることができます。

少し難しいですがパターンを覚えてしまえば簡単ですのでこの際マスターしてしまいましょう!

MEMO
ここではキーの違う調への転調を扱います。C→Cm等ではなく、C→Aなど基準音の違う別の調にどのようにアプローチするかを解説します。

転調のやり方

ドミナントモーションを使った転調

ドミナントモーションというのは、ルートの五度下への動きのことです。この動きは進行感がとても強いため、違和感なく転調を行うことができます。

恐らく、転調のやり方として最もメジャーなのがこの方法だと思います。

まずはセカンダリードミナントのドミナントモーションを使った転調から見てみましょう。

  • Dm→G→E7→A→D→E→C#m→F#m/C
  • (Cmaj)Ⅱ→Ⅴ→Ⅲ→(Amaj)Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅲ→Ⅵ

E7→Aに移る時にAメジャーキーに転調しています。

5度下へのルートの動きがあればスムーズに転調することができますので、セカンダリードミナントでなくても大丈夫です。

たとえばこんな感じ。

  • C→Em→F→B♭→Gm→Cm→F/C→B♭
  • (Cmaj)Ⅰ→Ⅲ→Ⅳ→(B♭maj)Ⅰ→Ⅵ→Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ

F→B♭に移る時にB♭メジャーキーに転調しています。5度下への進行です。

いかにも転調しますよという雰囲気の進行もできます。

  • Am→F→G→G#7→A#m→F#→G#→C#
  • (Cmaj)Ⅵ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅴ#→(C#maj)Ⅵ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

少しわかりにくいですが、Cから半音上のC#への転調です。C#メジャーキーのⅥにあたるA#mの直前にG#7を無理矢理登場させて「いかにも転調しますよ」感を出しています。

くどいようですが、重要なのはG#7→A#mに5度の動きがあるため転調が上手くいっているということです。

共通コードを使った転調

共通コードとは名前のままですが、転調先の調と共通しているコードのことです。ピボットコードとも呼ばれます。

例えばCメジャースケールにはFというコードが含まれていますが、これはFメジャースケールのⅠでもあります。

このようにスケール同士で共通して持っているコードを軸に転調することができます。

  • C→Am→F→B♭→Dm→Gm→C → F
  • (Cmaj)Ⅰ→Ⅵ→[Ⅳ(FmajのⅠ)]→Ⅳ→Ⅵ→Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ

全音上への転調

最後は♭Ⅶを使った転調を紹介します。

これまで紹介したのは、ドミナントコードからの5度の動きで転調する方法でした。

これに加え、全音上へのルートの動きも進行感があるため転調に利用できます。

この場合♭Ⅶ→Ⅰというか動きになります。

  • C→Dm→G7→A→C#m→ F#m→E→A
  • (Cmaj)Ⅰ→Ⅱ→Ⅴ→(Amaj)Ⅰ→Ⅲ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ

G7からCに解決するのではなくAに進行しています。この部分が全音上への動きになります。

不自然ではないですよね?

  • C→Dm→E7→F#→A#m→D#m→C#→F#
  • (Cmaj)Ⅰ→Ⅱ→Ⅲ→(Fmaj)Ⅰ→Ⅲ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ

本来セカンダリードミナントのE7からAmに行かずに全音上のF#にいくパターンです。

もうひとつ。

  • C→Dm→A♭7→B♭→Dm→Gm→F→B♭
  • (Cmaj)Ⅰ→Ⅱ→Ⅵ♭→(B♭maj)Ⅰ→Ⅲ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ

少し難しいですが、ここで出てきているA♭7はサブスティチュートドミナントで、本来半音下のGに解決するためのものです。Dm→GのツーファイブのアクセントとしてA♭を挿入しているといった感じです。

そのA♭7を利用して全音上への進行で転調しています。

重要なのは、どんな役割でドミナントコード(またはドミナントの役割を持つコード)が出てきたとしても、全音上への進行で転調できるということです。

まとめ

以下が主な転調のやり方です。

  • ドミナントモーション(5度下への解決)を使って転調することができる
  • 共通コードを使って転調することができる
  • 全音上への解決を使って転調することができる

転調の方法なんて細かく分ければいくらでもあると思いますが、大原則となっているのはこの3つだと思います。

まずはここから押さえておきましょう。